隅々まで綺麗にするならハウスクリーニングの清掃サービスで


サービスと費用

広くなった部屋

特殊清掃とは清掃会社の一つで、事件事故現場や孤独死孤立死などで発見がおくれ腐敗した遺体がある室内などを清掃、消毒、消臭、害虫駆除、リフォームなどをする仕事です。 遺体がある事故現場等は警察や葬儀屋さんは片付けをしてくれないことがあるためこの仕事が活躍します。 少し変わった仕事、ということでなかなか聞きなれないかもしれません。誰にもできない仕事ということもあり、お給料は30万〜50万円ほどです。 そして、この特殊清掃を依頼する際の費用は部屋や現場の広さや内容にもよりますが100万円〜150万円ほどが相場です。 少し高いと思うかもしれませんが特殊清掃員は清掃中いろいろな薬品を使ったり遺体がある現場での仕事ということで特殊清掃はそれほどの価値のある仕事なのです。

特殊清掃は主に事件現場など、通常の清掃では現状の回復をすることができない場所の清掃を行うことを指します。例えば、死後1カ月経ってしまったお部屋などの場所、臭いが凄まじかったり、畳にまで体液が流れ出していて、簡単にきれいにすることが難しいような場合は特殊清掃が必要になってくると考えられます。 最近は、老人の孤独死も増えてきているので、特殊清掃を行う業者の需要が増えてきています。ですから、特殊清掃業者が増えてきたり、便利屋が特殊清掃も扱うといったことも増えてきています。 では、特殊清掃を業者に依頼するとなるとどのくらいの費用がかかるかというと、例えば床の清掃をするだけであっても3万円以上はかかります。ですから、床だけではなくワンルームのお部屋全体を清掃するとなると10万円くらいの費用がかかることが予想されます。