日常のトラブルをすぐに解決しよう【弁護士事務所に相談すべし】

相続税の申告は難しい

女の人

申告は複雑で煩雑な手続き

一般的に、相続税申告は税理士に依頼します。なぜなら、納税者が自ら行う所得税の確定申告とは比べ物にならないくらい複雑で煩雑な手続きだからです。相続税申告の手順は、まず相続財産の範囲を調査して評価額を確定します。合わせて被相続人の戸籍謄本等を収集し、法定相続人を確定します。もし、遺産分割協議が行われる場合は、相続人が取得した相続財産を記した遺産分割協議書があると良いでしょう。また、相続時精算課税制度を選択している時、または被相続人が死亡した日から遡って3年間で行われた生前贈与がある時、あるいは被相続人が死亡した事に伴い受け取る生命保険金や死亡退職金がある時は、贈与税の申告書など詳細が分かる資料が必要となります。その後、相続財産に贈与財産および生命保険金などのみなし相続財産を加算し、借金などの債務や葬儀費用、仏壇などの非課税財産を差し引いて課税価格を計算します。そして、3,000万円に法定相続人一人あたり600万円を加算した基礎控除額を差し引いて課税総額を算出したら、それを法定相続分に応じて分割します。この時、相続放棄の有無に関係なく、分割される点に注意して下さい。分割した金額に税率を掛けて税額を計算したら、それを合計し、実際に遺産を取得した相続人の課税価格に応じて按分します。最後に、配偶者控除や未成年者控除、贈与税の控除、あるいは被相続人の配偶者や一親等以外の者に対する税額の2割加算などを適用して税額を加減し、納付する税額を算出します。このように、相続税申告は非常に煩雑な手続きである為、税理士に依頼する事が一般的です。また、相続税申告はその大半に何らかの誤りや違反を指摘されると言われています。その時、相続税申告の専門家である税理士に対応を任せる事ができる点も、税理士に依頼する大きな理由となります。

Copyright© 2017 日常のトラブルをすぐに解決しよう【弁護士事務所に相談すべし】 All Rights Reserved.